06-6772-6522(9:00〜17:00 火〜金)

目の学校とは?

あなたのお子様はこのように評価されてませんか?

あなたのお子様はこのように評価されてませんか?

目の学校に通ってビジョンをトレーニングするとこれらの成果が望めます!

体験者の声
目の学校は小学生を対象とした目の機能を高める教室です。

目の学校は小学生を対象とした目の機能を高める教室です。

人間の情報収集の80%は「目」と言われており、その目を鍛えることで脳の情報収集の範囲・精度・スピードを高めるトレーニングを行います。また、目だけでなく、脳やからだに新しく理想的な習慣をつけ、子供が正しく「見て」柔軟に「思考する」土台作りを行いますので、勉強だけではなく、将来社会に出ても役立てるような脳力・技術を身につけていきます。

本当の学び

本当の学び

どう見たらいいのか、どう考えるべきかといった知恵を身につければ、勉強はもとより毎日の生活の中でもさまざまな状況に応じて正しく判断し行動できる基礎ができあがります。 丸暗記や繰り返し学習では、一時的に子どもが修得できたように見えますが、真の学びとはならず、子どもの知恵として蓄積されていかないのです。
あなたのお子様はこのように評価されてませんか?
勉強は楽しい

勉強は楽しい

順調に学校生活を送っている子どもでも、目や脳のより良い使い方を学べば、さらに能力は発揮できるはずです。また、集中力がない、やる気がないなどと言われている子どもの中にも、見て考える技術に乏しく、自分の持つ能力を十分発揮できないでいるケースがあります。勉強とは本来楽しい体験であるはずですが、目や脳の使い方が下手だとその喜びを体験することさえ難しくなるのです。
Knowledge(知識)よりWisdom(知恵)

Knowledge(知識)よりWisdom(知恵)

子どもの将来を約束してくれるのは「知恵」の蓄積であると思います。 「知識」はもちろん重要であるものの、この激しく移り変わる21世紀ですぐに意味を持たなくなったり、役に立たなくなることさえあるのではないでしょうか。 それに対して、一度身についた知恵はそう簡単に消えません。そればかりか、形を変えつつ、生まれ変わりながらますます輝いていくのです。

5つの「思考力」を軸にした指導方針